HOME>注目記事>早期発見、治療が大切な病気なので、定期的に受診したい

予防歯科の診療を受けることが大事です

女性

歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病は、初期段階は自覚症状が少ないため、早期発見治療が大切です。歯周病は放置をしておくと、歯槽骨を破壊してしまい、大切な歯を失う原因になってしまいます。堺市の歯科クリニックでは、予防歯科の診療を行っています。20代以降の年齢になると、歯石や歯垢などが原因で、歯茎に炎症が見られるようになります。歯を磨いた時に出血をしたり、口臭が気になる時は、堺市の歯科クリニックを受診して下さい。堺市の歯科クリニックでは、歯周ポケットの深さを測定したり、歯の動揺度などを確認してくれます。高い技術を持った歯科衛生士が在籍をしているので、専用の医療機器を使って歯石や歯垢の除去をしてくれます。

自宅でのホームケアの方法を指導します

歯肉炎は歯槽骨には影響が出ていない状態なので、歯石や歯垢の除去を行い、丁寧なブラッシングを心掛けることで、歯肉の炎症がひいてきます。歯槽膿漏は歯槽骨にも影響が出ているため、歯周病の進行を遅らせるためには、定期的に受診をする必要があります。堺市の歯科クリニックでは、鏡を使った歯磨きの指導を行ったり、デンタルフロスや歯間ブラシの使い方も教えたりしてくれます。自宅でのホームケアをきちんと行うことで、炎症を抑えたり、病気の進行を遅らせたりすることが可能です。

歯並びの悪い人には歯列矯正を提案します

不正咬合や出っ歯、八重歯などの歯並びの悪い部分があると、歯ブラシが届きにくく、歯垢や歯石が残りやすい傾向があります。歯周病を予防するためには、堺市の歯科クリニックで歯列矯正を受けるのもお勧めです。歯列矯正の治療を受けることで、正しい位置に歯が戻るため、口腔内の衛生を保てるようになります。若い20代、30代の人は、歯周病を予防するために、裏側矯正やマウスピース矯正を受けてみると良いでしょう。堺市の歯科クリニックでは、診察や検査に時間を掛けてくれます。