治療期間や費用を考えて決める

歯科矯正

一般的な矯正方法だと、目立ってしまうため、社会人になってから歯並びを治すのはきついものがあります。だからといって、歯並びがコンプレックスになっているのなら、治さないのは精神上よくはありません。現在では、目立たない矯正方法がいくつか用意されているので、それらの中からどれかを選びましょう。ただし、それぞれの方法には特徴があって、歯並びがよくなるまでの、治療期間や費用が異なります。そのため、自身のかけられる予算や時間をしっかりと把握したうえで、ベストな選択をするようにしましょう。どこの病院やクリニックで矯正を受けても、同じ仕上がりというわけではなく、それぞれ違うため評判を調べることも大切です。

各種の方法を知っておこう

歯

表側矯正という歯の表面に器具を取り付ける方法は、治療しているのがすぐに分かるので、目立たないとはとてもいえません。もしも、目立たない治療を望むなら検討するとよいのが、自分で外すことができるインビザラインです。歯に取り付けてしまう器具を使うのではなく、歯にはめるだけの器具を使うので、写真を撮るときなどは取ってしまえます。目立たない矯正の中では、費用は安いほうなので、予算に限りがあるのならインビザラインを考えましょう。そして、もっとお金をかけられるのなら、リンガル矯正と呼ばれている、歯の正面ではなく裏側に器具をつける方法を選びましょう。まったく見えないため、接客が仕事の方でも安心して利用ができます。

ドクターと相談して決めよう

歯科矯正

目立たない矯正の方法はいくつかありますが、どれを選ぶとしても、歯並びの状態をドクターに診てもらわなければいけません。歯並びの状態によって、適している方法があるので、相談しながら決めるのがよいでしょう。絶対に利用したい矯正方法があるのなら別ですが、そうでなければ、ドクターのアドバイスに従ったほうがよいです。なお、歯並びの矯正は、気軽に行えることではないので、とりあえず相談したい方もいるはずです。もしも、矯正するかどうかすら決まっていないのなら、お金をかけるのはもったいないでしょうから、無料カウンセリングを行うクリニックを活用しましょう。無料で歯並びを診てもらったうえで、相談もできるため、各種矯正方法がまったく分からない方にもおすすめです。ちなみに、歯医者なので、無料カウンセリングを受けるときも、しっかりと予約を取りましょう。無料カウンセリングに対応するクリニックに電話をして、利用したいことを伝えれば、空き時間に予約を入れられます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3